ガジェット研究所

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェット研究所

アプリ・ガジェット・ゲーム・漫画などの情報を発信します。好きなこともちょこっと書くよ!

日曜新ドラマ【小さな巨人】のキャストとあらすじと一話ネタバレ|刑事版半沢直樹のドラマ!?【長谷川博己&岡田将生】

f:id:gadgetlab:20170416233008p:plain

どうも!

私ドラマを見るのが結構好きなんですよ。特に刑事物。

今回は2017年4月スタートのTBS日曜劇場【小さな巨人

キャストとあらすじとネタバレをまとめていきます。

 

 

ドラマ小さな巨人について

放送開始日:4月16日

放送時間:毎週日曜夜9時から

放送局:TBS系

原作:オリジナルドラマなのでなし

脚本:丑尾健太郎、八津弘幸

プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝

監修:福澤克雄

演出:田中健太、渡瀬暁彦、池田克彦
脚本:
丑尾健太郎、

脚本協力:八津弘幸
音楽:木村秀彬

あらすじ

 

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

 

 キャスト

 

香坂 真一郎 ・・・ 長谷川 博己
山田 春彦 ・・・ 岡田 将生
三島 祐里 ・・・ 芳根 京子
渡部 久志 ・・・ 安田 顕
藤倉 良一 ・・・ 駿河 太郎
柳沢 肇 ・・・ 手塚 とおる
片山 昭三 ・・・ 神尾 佑
中村 俊哉 ・・・ 竜星 涼


杉本 学 ・・・ 池田 鉄洋
東山 智之 ・・・ 加治 将樹
石倉 慎之介 ・・・ 丸 一太
神岡 梢 ・・・ 夏緒
中田 隆一 ・・・ 加藤 晴彦
風見 康夫 ・・・ 長江 英和
風見 京子 ・・・ 富永 沙織
五十嵐 仁 ・・・ 堀尾 正明
佐川 勇人 ・・・ 好井 まさお
謎の女 ・・・ 佐々木 希
池沢菜穂 ・・・ 吉田 羊
中田 和正 ・・・ 桂 文枝
香坂 真由美 ・・・ 三田 佳子
香坂 美沙 ・・・ 市川 実日子
香坂 敦史 ・・・ 木場 勝己

 

三笠 洋平 ・・・ 春風亭 昇太
小野田 義信 ・・・ 香川 照之

 

一話の簡単なネタバレ

 

3週間前…警視庁捜査一課強行班1係長の香坂は目覚ましい活躍をしていた。

しかしまさかの所轄異動

理由はネットニュースに車を破損した記事が出たこと。

検察官に詰め寄られ、黙秘する香坂に対して

小野田は「酒を飲んだ」と告げてしまう。

 

部署移動後に事件発生

 

「ゴーンバンク社の社長誘拐事件」が発生。

 

香坂は身代金を要求されているが、この事件は

息子の加藤の自作自演なのではと考える。

しかしなんやかんやしているその隙きに煙に包まれて

スーツケースは何者かに持ち去られてしまう。

追いかける刑事にメールが届く

 

「警察がいたな。取引は終わりだ。」

 

その後犯人からの連絡は途絶えた。

その後


翌日捜査員が聞き込みをするが情報はなく、

「支持があるまで待機」と言う山田だが、渡部が園児から

重要な証言を聞き出すことに成功。さらには証拠品まで。

犯人は190cm以上だと考える渡部。

ーーーーーーーーーーーーーー

そんな中ゴーンバンク社の不正を隠蔽しようとする小野田は、

階級試験を受ければ香坂を出世ルートに戻すという怪しい取引をしてくる…

香坂の決断

 

管理職昇任試験は受けずに事件を解決しようとする香坂

香取は風見に「自首」を促す。突入の前に説得にすると

小野田に頼むが、小野田は

「わかっている、できの悪い所轄刑事が一番信用できない」

としてついに突入を決行する。

香取VS小野田

 

香取が小野田に反論すると小野田は、

「疑問を抱かず上の指示に従う、それが組織で生きることだ。」

と言われてしまう。

そういわれた香取は

「組織で生きることはできても、警察官としての自分は死んでしまう。それだけはできない」

といいはなち、所轄刑事として小野田と戦うことを誓った。

 

まとめ

サブタイトルが

 

「敵は味方のふりをする」

 

ということなのでこれから裏切り者が出てくるのでしょうか?

広告を非表示にする